施術を受けられた後の注意点や好転反応について

整体で歪んだ身体を整えると、普段の日常で使っている場所と違うところも動くようになります。

施術後はお身体にも変化がありますので、施術後の過ごし方や好転反応などについて書かせていただきます。



水分をたっぷり摂って、ゆっくり安静にお過ごしください。
施術後すぐ(2〜3時間ぐらい)はお酒を飲まれたり長時間の入浴は控えめの方が良いです。

整体を受けられた後の飲酒は血流が良くなっているので、酔いがまわりやすくなったりしてしまいます。
いつもと同じ量を飲まれても、思いもよらず酔いやすかったりする場合もあります。

入浴に関しては血流が良くなっているので、のぼせやすくなったり一時的に血圧が上がってしまう事もあります。
健康に問題の無い方でしたら滅多な事は無いと思いますが、もともと血圧の高い方や心臓の弱い方はご注意ください。

施術後2〜3時間経てば、身体も落ち着いてくるので、普段通りされても大丈夫かと思います。
朝や昼に施術を受けられる方はそこまで気にされる事もないのですが、夜に受けられた方は、入浴や飲酒は少しずらしてみてください。


その日は夜更かしせず、たっぷりと睡眠を摂ってください。
身体がしっかり整っていると身体の自然治癒力が上がっていますので、よく眠るとさらに効果的です。

歪みがあったり、疲れがある時は身体も脱力できず眠りも浅くなりがちですが、整体を受けて緩んでいるとぐっすりと眠りやすくなります。

筋肉や血液、内臓などは睡眠時に回復しようとしますので、そんな時こそしっかりとした睡眠でご自分の身体にごちそうをあげてください。

もちろん日々の生活でもしっかりと睡眠を摂ってその日の疲れを休める事は重要です。


施術後の好転反応
整体を受けた後は「全身がだるい」「筋肉痛みたい」「やたらと眠たい」などのような事が一時的に出る場合があります。

これは好転反応といいまして、今まで滞っていたものが整体で骨盤や背骨のバランスが整うと良い流れになり、身体を良い方に持っていこうとして、そういったことが一時的に起こったりします。

はじめて整体を受けたり、痛みの症状や歪みがきつい場合などはこれらの症状が出てくることがありますが、身体が整って良い姿勢に慣れてくるにつれ出にくくなってきます。

ほとんどの場合は1〜3日程で収まり、その後楽になってきますので、ご安心ください。

好転反応は悪い事ではなく、どちらかというと効果のあらわれなのですが、少ししんどさも伴います。
こういった反応が出る時はゆっくり過ごしていただければ良いのですが、お仕事や家の用事などでお忙しい時はちょっと困りますよね。

ですので、なるべくやり過ぎないように心がけています。
もし、好転反応が出て、症状に心配がある時はご相談ください。

好転反応と混同しやすいのが、いわゆる「揉み返し」です。
こちらは筋肉を強く揉んだりする事によって筋肉が傷んだりする事によって次の日に痛みが出たりしてしまう事です。
過度な強さでやると、このような事にもなりますので、当院では過度な強さでの施術は行わないようにしております。


ぎっくり腰などの急性的な痛みの施術の後は
ぎっくり腰などの施術をした後は、楽になってきても、炎症などが残っている場合がありますので、念のため湿布やアイスノンで冷やしておいてください。

またお風呂につかるのも、その日は軽く入るぐらいにしてください。そして、その日は早めにしっかりと睡眠をされると身体も楽になりやすいです。

腰の状態が不安な時には骨盤ベルトなどを補助に使うのも良いと思います。


日頃の身体の使い方も見直してみましょう
整体で身体を整えるのも大事ですが、日常生活での身体の使い方も見直してみましょう。

痛みや歪みが出ていた原因は、多くは日常生活でのクセや仕事の使い方などです。
例えば、座り方や車の乗り方、立ち仕事での立ち位置、枕の高さ、寝る位置、スポーツや筋トレでの使い方などなど・・・何気なくやっている事が結果として身体を歪めている事もあります。

そういったクセも少しずつ見直していって、良い使い方になって頂けたら嬉しいです。