ギックリ腰について


突然襲う激痛。ぎっくり腰はなりたくないものですね・・・
このページをご覧になっているあなたはぎっくり腰ですか?
ぎっくり腰はきつい炎症が出ている時には施術ができない場合があります。
なんとか自力でご来院できるぐらいなら施術できます。

動けないぐらいの時は炎症もきつく出ていますので、
ちょっとした応急処置を書いておきます。


よくぎっくり腰になられたらお風呂につかったり、カイロで温めたりされる方が多いですが、これは逆に炎症をきつくしてしまいますのでご注意してください。

炎症を抑えるためにアイシング、アイスノンなどで痛みの部分を冷やして下さい。
10分程度冷やして、しばらくしたらまた10分と・・・
ずっと冷やしていても逆に痛みが増す場合もあります。
湿布を貼るのも効果的です。
湿布には消炎剤も含まれているので、炎症の時には効果的です。

そして安静にしてください。痛みが一番楽になる体勢にしてください。
ほとんどの方の場合、横向きで膝を曲げて背中を丸めて寝ると、腰痛は軽くなります。



上向きの場合は膝を立てて寝ます。膝の下にクッションを敷いたりすると楽です。
少しでも動けるようにと、無理やりストレッチなどやらない方が良いです。
余計に痛みが出る場合がありますのでご注意してください。


こうする事によって痛みも1〜2日後には軽減してくれています。ここからが大事です。
1〜2日で痛みが少し治まって動けるようになったら、無理のないように動いてください。
痛いのが怖いからとか、いつまでも寝ていると、ぎっくり腰の痛みはとれません。




ギックリ腰での施術

なんとか自力でご来院できるぐらいなら施術できます。
ぎっくり腰では、炎症がきつい時は直接患部を押したりしないこともあります。
炎症が激しい時には、きつくねじれた背骨などが、矯正しても炎症により動かない場合もありますので、背中や太もも、首などを施術して痛みを半減させていくこともやってきます。

よく自分の状態がわからない、不安だと言う方は当院へお電話ください。
痛みが激しい場合、上記のような方法で炎症を抑えると痛みも幾分か緩和しますのでお試しください。

施術をされた後は

ぎっくり腰の施術をした後は、楽になってきても、炎症などが残っている場合がありますので、念のため湿布やアイスノンで冷やしておいてください。
またお風呂につかるのも、その日は軽く入るぐらいにしてください。そして、その日は早めにしっかりと睡眠をされると身体も楽になりやすいです。
腰の状態が不安な時には骨盤ベルトなどを補助に使うのも良いと思います。

お持ちでない方は当院にも置いておりますのでよかったらどうぞ。


骨盤ベルト 2000円

S・M・L各種サイズございます。
取り外しの簡単でシンプルな骨盤ベルトです。