自律神経の不調などの施術



自律神経の不調は忙しい毎日、運動不足、睡眠不足、不規則な生活、季節の変わり目などの身体的なストレス、仕事のプレッシャーや人間関係、育児の悩みなどの精神的ストレスなどで体に緊張状態が続くと交感神経が過大に働いてしまい様々な不調が出てきます。


自律神経は大きく分けて、「交感神経」「副交感神経」に分かれています。
交感神経は、主に活動的なONのモード、副交感神経は体を休めるOFFのモードを担っています。
通常はON、OFFを切り替えて、日常生活、睡眠などをうまく進めていますが、自律神経が不調の時にはONになりっぱなしになってしまいます。

交感神経が過大に働いてしまうと、血管が収縮して血流が悪くなり、以下のような様々な不調が出てしまいます。

・頭痛、めまい、立ち眩みなどがある。
・息苦しかったり胸が締め付けられる感じがある。
・手足がだるい、夏でも手足が冷える事がある。
・胃の調子が悪い。
・よく下痢や便秘を繰り返す。
・肩こりや腰痛がなかなか治らない。
・顔だけ汗をかく、手足だけ汗をかく。
・朝起きた時に疲労を感じる。
・なかなか寝付きにくい。
・気候の変化に弱い。
・寝ても寝ても寝足りない。


自律神経の不調への施術

自律神経の不調があると、体全体が緊張しっぱなしになり、筋肉はもちろん、骨格全体も力が入ったまま固まります。
昼も夜も体が緊張したままで、副交感神経がほとんどはたらけません。


体が緊張していると、肩や首、背中や肩甲骨に力が入りっぱなしので、力が抜けるように施術していきます。
また、足腰周りも伸びにくくなっています。全体的に前のめりに縮こまっていますので、全身が広く動けるように整えていきます。

体全体を力が抜けるように整えていくと、筋肉もほぐれ、副交感神経に切り替わりやすくなり、体は回復モードになってくれます。
体が緩むと、血行が良くなり、体中に血液や酸素が運ばれ自然治癒力がはたらいてくれます。

施術を行っていくに従い、副交感神経の働く割合が増えていただければ、体全体も良い方向に向かってくれます。


生活習慣を見直して、規則正しい生活を。

整体の施術間隔は、不調がきついうちはある程度詰めて施術し、体が慣れてくるにつれ間隔を開けていくと良いと思います。

整体の施術で、自律神経のリズムを整えていくと言っても、さすがに毎日の施術などはできませんよね。

そこで、日々の生活の中でも生活リズムを少しづつ良い方向に変えてみませんか?

例えば、

・しっかりと朝食を摂る。

・通勤や通学に自転車や歩くのを取り入れてみる。

・シャワーだけでなく、40度以下のお風呂に15分程ゆっくりと入る。

・寝る前にストレッチや体操を行う。

・早めに就寝する。

・お休みの日はお外で散歩や軽い運動などをやってみる。

・深呼吸、鼻から深く吸ってお腹までためて、口でゆっくりはく。

など、少しずつ良い習慣を採り入れてみてはいかがでしょうか?




→肩こりの施術について

→慢性的な疲労の施術について

→当院にはこのような方が来られています

→健康体操・コラムなど

→はじめての方へ