自律神経の問題について

頭痛・不眠・めまい・食欲の低下・胸の圧迫感・喉の圧迫感・動機・冷や汗・ほてり・不安感・恐怖感。
原因がわからず体調がすぐれないままと言われる方も多いです。
このような身体の不調には自律神経が関わっていることも多いのです。

自律神経とは、心臓を動かしたり汗をかいたり、自分ではコントロールできない自動的に働く神経のことです。
つまり循環、呼吸、消化、発汗・体温調節、内分泌機能、生殖機能、および代謝のような不随な機能を制御する神経のことです。

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の二つに分類されます。
起きている時には交感神経、寝ている時には副交感神経が働きます。
この二つの交感神経のスイッチがしっかりとON、OFFとなってくれたら体調も良い状態になります。
しかし、このリズムが崩れると、たちまち体調もすぐれなくなります。

神経は脊椎、すなわち背骨に通っていまして、背骨がゆがむと神経も圧迫されてしまいます。

健康な人はやはり姿勢の良い人が多いです。体調の悪い人は、身体のゆがみもきつい人が多いです。
背骨のゆがみを正すと神経もまっすぐになり、本来あるべき働きをしてくれます。

整体は、背骨のゆがみをとって腰痛や肩こりを治すものと思っている方も多いかと思いますが、実は自律神経系の働きを正常にするのが本来の目的です。
東洋医学でいう「未病」というのは、身体を本来ある流れにして病気を未然に防ぐという考え方です。