妊婦さんに神経痛が多い理由

妊娠中に坐骨神経痛で足腰が痛いとよくご相談を受けます。

「妊娠していない時は大丈夫だったのに・・・」ともともと神経痛が無かったけど、妊娠すると痛くなる方が多いです。

神経痛までいかなくても、ほとんどの方が腰が痛くなる経験をされるようです。


妊娠中に腰が痛くなるのは、骨盤の関節が緩んでしまうからです。

骨盤は1つの骨と思われてしまいがちですが、大きく分けると左右にわかれています。(詳しく書くと、腸骨・坐骨・恥骨の3つが合わさっています。)
背骨の下の仙骨という骨に左右の骨盤が仙腸関節という強い靭帯でくっつき、前の方は恥骨のところで靭帯でつながっています。

骨盤はこの3か所の靭帯でつながっており、それによって色々な動きに対応できる訳です。

仙腸関節恥骨

普段は仙腸関節の強い靭帯ががっちりとめているのですが、妊娠するとその靭帯を緩めていくホルモンが出てきます。

お腹を大きくしていくためと、出産のときに赤ちゃんが通るために、骨盤の形を変えられるようにそのようなホルモンが出てきます。

出産後にはそのホルモンが半年ほどかけて徐々に元に戻っていきます。その時に歪みやすい時期なので産後の骨盤矯正が大切になってきます。


妊娠して、徐々にお腹が大きくなって出てくると、骨盤も引っ張られてきます。 骨盤の靭帯も緩んでいるので、前にスライドしていくように引っ張られる訳です。

そうすると、例えるならぎっくり腰っぽい感じをじわじわと引っ張られている状態が常に起きてしまう事があります。

骨盤が引っ張られると上についてる背骨も一緒に引っ張られて、背骨から出ている神経も痛むという訳です。



ただでさえ、お腹が重くて色々なところを圧迫されてしんどい上に歩くのも痛いとかなんて辛いですよね。

せせらぎ整体ではそういった骨盤、足周りだけでなく身体全体を整え、楽しくマタニティライフが過ごせるようにしていきます。

お辛い痛みがありましたら、ご相談くださいね。


マタニティ整体のページに戻る