産後のケア・骨盤矯正・姿勢矯正について

赤ちゃんを出産後、体重や体型がなかなか戻らない、腰の痛みがきついなど、お悩みの声をよく聞きます。

妊娠、出産は女性にとって体が大きな変化がある時です。

産後の不具合が出ないように、体の状態を知ってしっかりケアを行っていきましょう。

産後ママイラスト

産後に骨盤が歪みやすい理由は

産後は骨盤が歪みやすいとよく言われますが、何故歪んでしまうのでしょう。

妊娠すると、お腹で赤ちゃんを育てていくために骨盤も靭帯を緩めて、その形に合わせていこうとします。
この時、普段は硬い骨盤を支えている靭帯を緩めるホルモンが出てきます。

妊娠後期になるとリラキシンの分泌量も増え、お腹の赤ちゃんの成長で大きくなったお腹が緩んだ骨盤を引っ張り、痛みが出る方も多いです。
妊娠中も座り方や姿勢や動きに気を付けるのが大事です。

リラキシンは出産の時がピークとして出ています。出産時はそれで赤ちゃんんも産道を通って出て来れるわけです。出産後からリラキシンは減少していき半年ほどで元のホルモンバランスの状態に戻っていきます。


そのまますんなりと戻ってくれると良いですが、出産後は育児という大変なお仕事に追われることになります。
妊娠中にはお腹が大きくなって動きに制限ができてしまっていたので、筋力もだいぶ落ちてしまっています。

そこに出産時に開いてしまった骨盤は、ホルモンの影響もあり、靭帯もゆるゆるでグラグラの不安定な状態になってしまっています。
おまけに体を支える筋肉も減ってしまっているという状態で、授乳や抱っこなどの無理な体勢で育児を頑張る毎日となってしまいます。


ホルモンも半年程かけて徐々に元の状態に戻ってきますし、筋肉もある程度ついてきます。
ただし、身体が歪んだままの姿勢で日々の育児をしていると、歪んだままの骨盤や姿勢、筋肉の悪いクセがついてしまいます。

それが、産後の歪みと言われるもので、なかなか体型が戻らない、体重が戻らない、腰痛や背中が痛い、などという事がおこってきます。

そうならない様に、正しい姿勢、正しい体の使い方にして、日々の育児を行う事ができれば、産後の歪みもおこりにくいという訳です。

産後直後は、まずは安静に体の回復を

まずは出産後しばらくは安静にできるよう、ご家族のご協力などでゆっくり身体の回復を待ちましょう。

「産後の床上げ」と言いまして、産後三週間程はなるべく安静にして、そのぐらいたったら床(おふとん)をしまって普段の生活に戻していきましょうという事です。

我が家でも、そうする事によって、後の回復具合が良い感じでした。
ご実家が遠かったりご家族がお仕事などでお忙しい方は、無理をなさらず赤ちゃんのお世話だけに集中して、後は最低限の家事にとどめるなどして、なるべく安静にしてみてください。

骨盤ベルト等をしっかり着けておくのも産後直後の補助になりますので是非ご活用ください。
ただし、張り切ってキツく締めすぎるのは身体がしんどいのでご注意ください。
授乳などの時に、横座りや背中を丸めてしまうと、骨盤や背骨に負担がかかってしまいますので、ご注意ください。

そのようにして、はじめの1ヶ月は無理のないように、お腹の中、体力等を回復するようにしてみてください。

産後の骨盤矯正ができる時期は?

よく「いつから産後の整体は受けられますか?」と聞かれる事が多いですが、お腹の中の回復具合もありますので、1ヶ月検診で問題なしと言われたら大丈夫です。

ですが、産後1ヶ月というのは、筋肉もまだヘロヘロな状態ですし、赤ちゃんもまだまだ小さいから連れて来られたり、ご家族に見てもらうだけでも大変な時期です。
腰が痛すぎてお辛い場合などは1ヶ月前後で整体の施術はできますのでご相談ください。

産後の骨盤矯正や姿勢矯正をされたい方は、産後2ヶ月目前後から来られるのがおススメです。

その頃になると赤ちゃんもちょっとしっかりしてきますし、体全体の体力もある程度戻ってきています。
骨盤矯正や姿勢矯正による良い姿勢を支えやすくなりますので、当院では産後2ヶ月目以降から始められるのをおすすめしています。


産後のケア・骨盤矯正の回数は?

これは人それぞれ、お身体の状態によるので一概には言えません。

ご出産が何人目かにもよって変わってきます。お一人目の方だと比較的早く戻ってくれる場合が多いです。
お二人目、三人目・・・となってくると骨盤やお腹も伸びやすくなっているので、戻りにくくはなってきます。20代の方と30代の方でも、筋肉の付き具合が変わってきます。

それと、妊娠中によく歩いたりなどされていた方は比較的早く戻りやすいです。
妊娠中でこのページを見ている方、是非、無理のない範囲でウオーキングなどの軽い運動をしてみてください。産後の立ち直りが良いのでおすすめです。

逆に妊娠中に切迫などで安静の期間が多かった方は、その分筋肉も落ちてしまっていますので、立ち直りにはちょっと色々と気を付けてみた方が良いと思います。


初回でお体の状態の検査を行い、それに基づき施術した感じで、どのように進めていくかを決めていきましょう。

まずは骨盤を安定させるために、数回、ある程度の間隔で施術を行っていきましょう。


骨盤が安定してきたら、日常での姿勢の気を付けと軽い体操などと並行して、月に1回程、姿勢を整えてみましょう。
骨盤の歪みの予防と、抱っこや授乳などでの腕や背中の負担も併せてケアをしていくのはいかがでしょうか?


産後のケアは、赤ちゃんが立っちするぐらいまで続けていると、産後のお身体のさまざまな不具合も楽になるかと思います。



その他にも、元々骨盤が開き気味だった方、逆に骨盤が閉じ気味だった方、普通分娩で出産された方、帝王切開で出産された方、などなど人それぞれです。
すんなり戻ってくれる方ですと3、4回で骨盤が締まってくれる方も多いです。条件によればそれよりもかかる方もいるかと思います。

産後には骨盤や姿勢の歪みによりこのような不具合が出ることも

産後はぐらぐらの不安定な骨盤に、落ちてしまった筋力で育児をすることによりさまざまな不具合が出てきてしまいます。
骨盤を整えるだけでなく育児での抱っこや授乳などでしんどくなりやすい、背中・手首や腕が痛いなども同時に整えていきます。
お体の事で気になる事がありましたらご相談ください。

・体系が気になる
・体重が戻らない
・抱っこしていて手首や肘、腕が痛い
・腰が痛い
・授乳している時の姿勢がつらい
・尿漏れが起きる時がある
・お腹の皮が気になる
・膝や足の付け根、股関節が痛い
・背中が痛い
・肩や首がしんどい

骨盤矯正を終えた後も、育児などの疲れや歪みの予防に整えに来られる方も多いです。お体のしんどい時にはご相談ください。



施術以外の事もいろいろご相談ください

産後のケアは骨盤や姿勢の矯正プラス、普段の体の使い方を良くしていくのも大切です。

抱っこや授乳での姿勢は、自分では知らず知らずのうちに悪い姿勢になっていまいがちです。
なるべく負担になりにくいようなやり方もお体に合わせて考えていきましょう。

骨盤ベルトの締め方がイマイチよくわからない、ちゃんと締まっているのかわからない方は、こちらに持ってきて頂いても結構です。
締め方は体の向きによっても微妙に違ってきますので、良い位置を試してみましょう。



その他整体の事だけでなく、育児の事で大変なこと、不安なこと等、色々聞いてください。
私たちも三人の育児の真っ最中ですし、ここでは沢山の育児をされている方が来られていて、色々な体験談が聞いておりますので、何かご参考にもなるかとも思います(^^)

ベビーベッドやキッズスペースもございます

せせらぎ整体ではベビーベッドやキッズスペースもご用意しております。

ベビーベッドにはメリーなどもつけておりますので赤ちゃんとご一緒にどうぞ(^^)
施術スペースの横に設けていますので、施術中でも声を掛けれたり顔を見せることもできます。

キッズスペースには、おもちゃや絵本、DVDなどもご用意しておりますので上のお子さまともご一緒にどうぞ(^^♪

当院ではおひとりずつご予約いただいて施術していますので、お子様が泣いたりぐずったり、はしゃぎまわったりしても、他の方に気を遣ったりしなくても大丈夫です。

キッズスペースのご案内ページはこちら


当院は予約制となっております。

※当日のご予約も可能な限りお受けいたします。
お電話にて一度、ご確認をお願い致します。

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ。

TEL 0774-22-5123
「ホームページを見ました」とお電話ください。

お電話受付時間 9:30〜20:00まで
定休日 土曜日

来院者様ひとり一人と向き合う時間を大切にしているため、初めての方は、1日2名までとさせていただいています。