北陸のハワイ!敦賀の水島でリゾート気分

宇治からお出かけスポット。今回は福井県の敦賀にあります水島に行ってきました。

日本海側の海水浴場は水質も綺麗なところが多く、シーズンになると多くの人で賑わいます。

その中でも、福井県の敦賀湾の先端に浮かぶ水島は透明度の高い水質、白い砂浜、波の無い穏やかな遠浅の海で、人気の海水浴スポットです。

水島は小さな無人島で、夏期期間中のみ渡し船で行くことができます。

渡し船は色ヶ浜から出ています。色ヶ浜には駐車場があり、車をとめて、渡し船に乗って水島へ渡してもらいます。

水島は完全な無人島ですので、島内には簡易トイレしかありません。食べ物や飲み物はもちろんありませんので、事前に購入しておく必要があります。

船着き場の前には夏期限定営業のコンビニがあり、食べ物、飲み物、おやつはもちろん、水遊び用のグッズも置いてあります。

行きしなの敦賀市内にはスーパーやコンビニが沢山ありますので、こちらで購入していくのも良いと思います。

渡し船は9:00〜16:00まで 7月中旬から8月末までの期間のみ運行しているようです。 往復の運賃は島の環境整備協力金を含んで大人1200円、子供650円となっています。


船は10分程で水島へ着きます。つかの間の船旅を楽しめます(^^)/


桟橋に着くと、そこからしばらく細い砂浜を歩いてビーチに到着です。

ビーチまではけっこう距離がありますので、荷物を抱えての移動はけっこう大変です(;^_^A

砂地なのでキャリーも使えないので・・・お父さんは頑張るしかないです(笑)
この日はすごい猛暑日でしたので、飲み物を大量に持っていたのでクーラーボックスもけっこうな重さでした。


ビーチには白い砂浜と透明度の高い海水が!さすが北陸のハワイと言われる程ですね(^^)
遠浅ですので、浜からこの距離でも大人でしたら顔を出してられるほどです。
子供の浮き輪を押していきながら撮った写真です。


おまけに内海ですので、波も静かで、遊びやすいです。
島の向こう側は外海ですので波もあり、泳ぐにはおすすめできません。


ビーチの手前には大きめの石がごろごろある場所があります。こちらはマリンシューズとかがあった方が良いです。

息子はこっちの方でカニ取りに夢中になっていました。

カニの他にもエビやハゼやヤドカリなどがいっぱいいました。

周りも親子連れが生き物とりに楽しんでいました。

お兄ちゃんのとったカニを気に入ったようです(#^^#)

きれいな砂浜は波も穏やかかで小さい子を遊ばすのにもピッタリです。

音楽などもかかっていない静かなピーチですので家族連れやカップルで落ち着いて過ごせます。良い写真が撮れるので、女性グループも多く来られていました。


とても良い海水浴スポットですが、無人島ゆえ、設備が仮設トイレのみとなっています。
海の家や自販機などは無いので、渡し船の桟橋の前にあるコンビニかその前にスーパーやコンビニで飲み物を用意しておく必要があります。

特に夏場だと水分補給が必須なので、飲み物は多めに用意しておいた方が良いと思います。サンシェードなど、日陰になるものもあると良いと思います。

こちらは敦賀の観光案内サイトです↓
http://www.turuga.org/places/mizushima/mizushima.html

無人島の水島には期間限定の渡し船でしか渡ることはできません。

渡し船の運行期間は夏期の7月中旬から8月の末までのようです。

運賃は環境整備協力金を含めて往復大人1200円、小人650円となっております。

運行時間は9:00〜16:00までとなっています。

駐車場は船着き場の手前に400台、料金は1500円となっております。

シャワー室や更衣室、トイレも用意されています。

少し離れた駐車場だと1000円のところもありました。



宇治から水島まで行くには

京滋バイパス宇治東インターから瀬田東JCTで名神高速道路に乗りかえ、米原JCTで北陸自動車道に乗りかえ、敦賀インターで降ります。

高速の移動距離は124.4q 所要時間は渋滞無し・休憩含まずで1時間20分程です。

高速料金は片道3580円  ETCの土日割引料金だと2680円となります。

敦賀インターを降りた後、敦賀市内を西側へ40分程、色ヶ浜船着き場までとなっております。


宇治近隣のお出かけスポット一覧に戻る←