O脚・X脚について



O脚、X脚で見た目を気にしている方は多いですよね。

このような脚の歪みがなぜおこるかと言うと、原因は脚のねじれにあります。

例えば、O脚の方に多いのが、骨盤が開き、骨盤のついている脚の股関節も同じように外向きに開きます。
股関節がねじれると太腿全体も同じようにねじれます。

脚から下のすねの方も同じように外に開くかと言うと、そうはなりません。
太腿と膝から下は、お互い反発するようにねじれます。なので膝下は内にねじれようとします。
そうなりますと、真ん中の膝関節の部分がぽっかり間が開いてしまう。これがO脚です。

元の太腿のねじれがきついほどO脚の角度も開いてしまいます。
X脚の場合はこれと逆の状態になります。

O脚には先天的なO脚と、後天的なO脚があります。
先天的なO脚は生まれながらの骨格形成不全が原因なことがあります。
後天的なO脚はゆがんだ座り方や歩き方を続けてきた事によっておこります。

そのようなO脚を正しい方向に整えるためには、
歪んだ骨格を正し、必要な筋肉をつけ、生活習慣を改善していく必要があります。

骨格を矯正していく事は当院でできます。
しかし、必要な筋肉をつけ、生活習慣を改善していくのは、あなた自身の【O脚をまっすぐにしたい】と思って努力していく事が大事になってきます。

足腰というのは、普段無意識に使ってしまっている事が多いです。
はじめは筋肉の使い方も慣れていなく、すぐに元に戻ろうと反発します。
そのため、しばらくは週1回の矯正をおすすめします。

矯正回数は、O脚、X脚の場合、10回以上していかないといけません。
また回数については、O脚になった期間が長いほど長くなってしまいます。

例えば、同じ小学生の頃からのO脚だったとしても、10代の方と30代の方とでは、積み重なった年月が違います。
今までの積み重なった使い方の骨格、筋肉を正していくだけでなく、歩き方や座り方、ストレッチなどの方法などのアドバイスをさせて頂きます。


先ほどに書きました、先天的なO脚に関しては、1回、2回の施術で効果が見られない場合、そのような可能性がありますので、無理に施術回数をすすめる事などはないようにしています。