腰痛について

私も学生の頃は運動中によく腰痛になり、辛かった思い出があります。

腰痛になる原因とはなんなのでしょうか。

簡単に言うと、骨盤と背骨のねじれから腰痛が起こります。

身体の中心が骨盤になります。その骨盤から背骨があり、上半身を支えているわけです。

骨盤はひとつの骨ではないです。


この骨盤と背骨がスムーズに動けていれば痛みは無いのですが、どこかでねじれや歪みが出ると痛みも出てきます。



例えば、骨盤が上の写真のように左回転にねじれると、上にある背骨(腰椎)も一緒にねじれます。
そうなると、上半身が支えられなくなるので背中で逆にねじって支えようとしたりします。
土台がねじれていると肩、首もねじれ、なんとか頭を支えるようにねじり合います。

上半身の使い方や足腰の使い方によって歪み方は様々ですが、そういった歪みやねじり合いがきついと痛みが出てきます。

骨盤の歪み方は人それぞれです。

腰痛のきつい人ほど骨盤や背骨の歪みが大きい訳です。

骨盤や背骨のねじれや歪みは、重たいものを持ったり、立ち仕事で長時間立ちっぱなし、悪い姿勢で座っていたりと・・・

日頃の何気ない動きから腰痛になることも多いです。


せせらぎ整体ではそういった腰痛を、骨盤や背骨はもちろん、足、肩首頭など、からだ全体でスムーズに動けるように整えていきます。


慢性的にお辛い腰痛にお困りでしたらご相談ください。